視力低下や失明など視力に関する問題は、高齢者に必ず伴う物であるにも関わらず、
自覚症状がないことが多く見過ごされる事が少なくありません。
気がついた時には既に深刻な状況で、失明に至ってしまうケースも数多く見られます。
それらを防ぐには、専門医による定期的な検診を受ける事が必要です。

●緑内障の検査(視野検査も可能)及び治療
●白内障の予防治療
●糖尿病性網膜症、高血圧性網膜症の定期検診
●黄斑変性症の検診
●ものもらい、ドライアイ、涙目、結膜炎等の治療
●点眼薬等の処方

以上のような診療を行う事ができます

眼疾患の多くは、初期段階でほどんど自覚症状はありません。
気がついた時には、深刻な状態になっている事が多くあります。

何らかの原因で視神経に障がいを受け、徐々に視野が狭くなる病気です。
眼圧の上昇がその一因ですが、一般的に初期ではほとんど自覚症状が無く、早期の発見と治療が欠かせません。

糖尿病などによる高血圧とそれに伴う代謝異常により、網膜の血管が損なわれ、失明の原因となる事も多い病気です。
自覚症状も無く進行する事が多く、重症になってから気がつく事も少なくありません。

網膜の中心部にある「黄斑」部が老化により機能が低下することにより起こり、見ようとする物が歪んだり中心部がぼやける症状が出ます。
両目で見るとあまり気にならない事もあり、見過ごしてしまうケースもあります。

目の表面の診察に使用します。

眼圧を計測し、緑内障などを検査します。

眼底検査を行います。
網膜の出血や神経の萎縮がないか検査します。

視野の異常の有無を検査します。

診療費は一割負担になります。
薬代および処方箋の費用は別途になります。
金額は目の状態、基礎疾患等により変動いたします。
別途交通費は頂きません。

医療法人社団
新ゆり整形外科 訪問眼科 事務局

03-6809-4845
事務局直通

info@shinyurieyes.jp